快眠になるためには?

夜になると目がさえてしまってなかなか寝付けないという人はいませんか?睡眠不足は美容の大敵ですので睡眠時間はしっかりととらなければいけません。しかしなかなか眠ることができないのはどうしてなのでしょうか?原因と対策について考えてみましょう。

【睡眠を阻害する習慣はあるの?】

睡眠を阻害してしまう習慣としてお酒の飲み過ぎがあります。お酒を飲むとリラックスできますが飲みすぎてしまうと、眠りが浅くなってしまうことも。またアルコール分解に大量のエネルギーを消費することになってしまうので、疲労回復や細胞再生速度が低下してしまいます。飲み過ぎには注意したいですね。またケータイやスマト、テレビゲームやパソコンなどに集中しすぎてしまうと眠れなくなってしまうこともあるでしょう。

 

眠りを誘うアロマがおすすめ

良質な睡眠を妨げてしまう習慣をやめることが重要ですが、その他のも快眠習慣をつけるためにはどうすればよいでしょうか?おすすめはずばりアロマです。アロマの香りをかぐことで一気に睡眠モードへと切り替えることができるのです。寝つきが悪い時やリラックスしたい時には、アロマオイルをお風呂に入れてアロマバスにする体がしっかりと温まり、リラックスすることができます。またアロマ入りのオイルでマッサージをすると新陳代謝がアップして、肌のターンオーバーサイクルが早まり、疲労回復にもつながります。特におすすめのアロマオイルとしてはラベンダー、ベルガモット、サンダルウッドなどがあります。